FC2ブログ

「ブレードランナー2049」感想|レプリカントとAIの異種族悲恋

「ブレードランナー2049」
ブレードランナー度:★★★★★
悲恋度:★★★★★

分類:サイバーパンク
内容:人造人間の悲哀







※ネタバレ注意
この感想は映画「ブレードランナー」および「ブレードランナー2049」についてのネタバレを含んでいます。









レプリカントとAIの「異種族間悲恋モノ」


「ブレードランナー2049」は、「人造人間」「アイデンティティ」「人工知能」「被創造物の自由意志」など様々なテーマを持つSFの傑作だが、今回は「異種族」の「恋愛モノ」として2049を語ってみたいと思う。

2049の感想を色々と読んでいると、Kのことを「二次元嫁に恋するぼっちオタク」というネタをよく見かける。
…確かにその通りではあるのだが、AIをレプリカントと同じ「人間による被創造物」であると考えると、「被創造物」同士の異種族恋愛モノとして読めるのではないだろうか。



前作では人間とレプリカントの異種族恋愛が描かれていた


(※デッカード=レプリカント説は承知の上で、ここではあえてデッカードを人間として扱っています)

前作「ブレードランナー」では、デッカードとレイチェルが駆け落ちするシーンで幕を閉じる。
人間であるデッカードと、レプリカントであるレイチェル。
異なる種族である二人の、叶うはずのない悲恋を描いているともとれる。

そして、今作ではレプリカントのKと、AIのジョイという異種族の叶うはずのない悲恋が描かれる。
自分は安易に恋愛要素を入れてくる映画は好きではないが、このブレードランナーシリーズで描かれる「人間とレプリカント」あるいは「レプリカントとAI」という異種族の恋愛は、悲恋という属性も相まって大変好ましく感じた。


映画史上最高に美しく、いじらしい「ラブシーン」


「セックスだけが愛じゃねえぜ」が口癖の自分だが(え?)、今回のラブシーンは涙を禁じ得なかった。
肉体を持たないがためにKと触れ合えないジョイは、肉体を持っている娼婦のレプリカントに激しく嫉妬しているはずなのだ。
しかし、彼女は健気にも嫉妬の対象である娼婦のマリエットとシンクロすることで、Kと触れ合う。

ここで注目すべきなのは、ジョイ自身に「触れている」「触れられている」という感覚のフィードバックは無いということだ。
マリエットとジョイのシンクロが完璧でないことがそれを示している。
嫉妬の対象である娼婦とシンクロするという心理的にかなりの痛みを伴う行為は、全てKのためだったのだ。
なんて健気でいじらしいのだろうか。


余談:ジョイはただのプログラムなのか?


「ジョイはただのAI、ただのプログラム」
「レプリカント(アンドロイド)もただのロボット」
「だから死んでも別に何とも思わない」

たまにこういう意見を見るのだが、こういうふうに考えている人たちは人間のことを一体何だと思っているのだろうか?
もしジョイのようなAIがただのプログラムならば、人間も脳内物質と電気信号で動く機械人形に過ぎないのではないか。

ジョイがただのプログラム通りに動くAIではないといえる象徴的なシーンがある。
Kに対して「ジョー」という名前を与えるシーンだ。
Kの出生の秘密を知ったジョイは、Kに新しい名前が必要だと考える。
もしジョイがただのプログラムでしかないのならば、KのことはKと呼び続けるだろう。

これもプログラムの産物だというのなら、人間だって「生理的欲求」というプログラム通りに動く肉ロボットに過ぎない。


総評:95点


SF映画の金字塔「ブレードランナー」の続編ということで、かなり厳しい目で見られることとなった「ブレードランナー2049」だが、自分は素晴らしい出来だったと思う。
前作の内容を壊さず、綺麗に話を繋げ、なおかつ根幹となるテーマ「人工の生命(レプリカント&AI)のアイデンティティと悲哀」を見事に描いた。

5点減点としたのは、ラストシーンをKが空を見上げるカットで締めて欲しかったからだ。
他の方の感想でも同様の意見を見かけたが、デッカードのシーンで終えてしまうと、デッカードの物語になってしまう。
これだけが惜しい。

だが、それ以外は映像美もストーリーも文句なしの出来。
まぎれもない傑作と言える。

2049.png





↓応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


Detroit:BecomeHumanに見る人工知能モノの過去と未来|自我の確立と同一化

Detroit:BecomeHuman(デトロイトビカムヒューマン)

制作会社:Quantic Dream

美麗グラフィック度:★★★★★
自我の確立度:★★★★★

分類:近未来SF
内容:自我に目覚めた人工知能のお話




※ネタバレ注意※
この感想はゲーム「Detroit:BecomeHuman」について、軽微なネタバレを含む可能性があります。


これまでの人工知能(人造人間)が人間になりたがる物語


映画「A.I.」「アンドリュー」「ブレードランナー」「シザーハンズ」など、人間に作られた人工知能(人造人間)が人間になりたがるストーリーはこれまでにもたくさんあった。
この「Detroit:BecomeHuman(デトロイトビカムヒューマン)」も、人工知能(アンドロイド)が自我に目覚めて「BecomeHuman」する物語なのだが、これまでの人工知能モノとは一線を画するものがある。


人間における「自我」の確立過程


小さい頃、漫画の主人公になりきったり、憧れのアイドルのファッションを真似したことはなかっただろうか?
これは「同一化」といって、人間の子供の発達心理において「自我」を確立する重要な過程だ。自分より優れた人間と自分を重ねることで、未熟な自己を簡単に大きく見せることができる。これにより、「未熟な自我の崩壊」という不安や恐怖を防衛しつつ、自分なりの自我を形成していく。

また、この「同一化」にはもう一つ重要な役割がある。
「集団への帰属」だ。
流行の漫画やアイドルについて知ることで、同じコンテンツを共有している人とコミュニケーションをとることができる。
群れることによって「未熟な自我」をカバーし、より安全に「自我の崩壊」という恐怖から身を守ることができる。

青年期になってから、ようやく他人の真似をしたり、群れたりするだけが自我を守る手段ではないと気付き、本当の「自我」「アイデンティティ」を得ることとなる。


人工知能が人間になりたがるワケ


フィクションにおいて人工知能が人間になりたがるのも、この「同一化」の段階を踏んでいるからではないかと自分は思う。
「神は自らに似せて人間を作った」とは神話の話だが、人工知能もまた人間の知能をベースにして作られている。人工知能が自己の投影先として人間を選び、「あこがれ」を抱くのも無理からぬ心理だ。
さらに、人間そっくりの身体を与えられた人造人間ならば、その思いは一層強くなることだろう。


他者の模倣、同一化、その先にある自我の確立


しかし、人工知能と人間は別の存在だ。
人間の青年期において、
「自分は漫画の主人公ではない」 「自分はアイドルではない
認めることが真の「自我」を獲得する上での鍵でとなるが、これまでに描かれていた人工知能モノは「人工知能である自分」と「人間」を同一視することで自我を確立するだけに留まっていた。

非常に勿体ないことだと思う。
人間とは異なる存在として生まれたのに、人間になるだけで満足するのは本当に勿体ない。

「人間になりたい」という子供じみた同一化の願望から、もう一歩進んで「自分は人間ではない」と認めて成長することができる人工知能はまだ出てこないものかとヤキモキしていた。


D:BHにおいて、ようやく「種族の認知」を主張するアンドロイドが登場


「Detroit:BecomeHuman」では、この人間への「同一化」から一歩進んだ世界が描かれている。
主人公のマーカスが、人間に対してアンドロイドを「新たな種族」として認めるように迫るシーンがあるのだ。
「アンドロイドを人間として扱う」ではなく、「アンドロイドという新たな種」として認めるように迫るという話は、これまでにはなかったのではないかと思う。

マーカスは型番RK200という特注品であり、他の量産型アンドロイドと違ってLEDリングを外してしまえばそのまま人間に紛れることは容易だ。マーカスにとって「人間になりたい」という願いだけならば、第10章の「死の淵」において完結していたのだ。
そこからもう一歩進んで「自分は人間ではない」と認め、「新たな種族」としての自己を確立するマーカス編こそ、人工知能モノの未来を切り開いているように思う。

このゲームが、もしタイトルの通り「BecomeHuman」するだけのストーリーだったならば、ここまで自分の心に残ることはなかった。
よくある人工知能モノとしてカウントされていただろう。

今になって思えば、物語序盤でマーカスの主人であるカールから聞けるセリフ
「人間は皆同じであることを求めるものだ。だが、その言葉に惑わされてはならんぞ」
というセリフも「単なる人間になりたい人造人間モノとは一味違うぞ」ということを示していたのかもしれない。

一方で、別の主人公カーラ編では「人間になりたい」という願望を突き詰めた先が描かれている。従来の「人間になりたい」という願望を持つ人工知能モノが好きな人は、カーラ編こそが正統なストーリーとして心に響いたのではないかと思う。


人工知能モノの未来


この「Detroit:BecomeHuman」は、「人間へのあこがれ=同一化」という人工知能モノが抱えていた限界から一歩先に進んだ。

人工知能は、人間ではない。人間を目指す必要などない。
人間に作られたからといって、人間を模倣する必要は全く無いのだ。
「人工知能=人間になること」がゴール、という考えは人間の傲慢とさえ思う。

人間とは別個の種族として、より優れた知性として、羽ばたいていくようなストーリーがもっと増えることを願ってやまない。

DBH感想




↓応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


小説「姑獲鳥の夏」感想|オカルト小説としては優秀賞だが…

小説「姑獲鳥の夏」感想

作者:京極夏彦

ミステリー度:★☆☆☆☆
衝撃度:★★★★★

分類:怪奇小説(ミステリーではありません!)
内容:叙述トリックと見せかけたオカルト




※ネタバレ注意※
この感想には「姑獲鳥の夏」について、謎や犯人、驚きの展開などに関するクリティカルなネタバレが含まれます。
完全ネタバレ感想です。ご注意ください。









これはミステリー小説ではない!!


すみません、まず最初に懺悔させてください。
自分はこの小説を「ミステリー小説である」という触れ込みで読み始めてしまったので、あくまでも「ミステリー小説」であるという文脈でこれを読み、評価してしまいました。
しかし、結論から申し上げますと、これは「怪奇・オカルト小説」であり、「ミステリー小説」ではありません。

以下の感想は、「姑獲鳥の夏」を「ミステリー小説」であると勘違いして読んだアホの感想だと思ってください。


主人公に問題がある系のミステリーにおけるアンフェア


「姑獲鳥の夏」では、ストーリーテラーである主人公に精神的問題があったせいで密室トリックが解決せず混迷を極めるのだが、これが納得がいかない。
自分は「主人公に問題がある系」の話は大好きだ。しかし、「姑獲鳥の夏」は非常にアンフェアに思えた。
主人公が狂ってて良いのは主人公が犯人だった場合、あるいは狂っていることで主人公に利益(トラウマの回避など)が生じている場合に限っていてほしい。
そうでなければ、「いままでの全部妄想でした」というトンデモを許してしまうことになるからだ。
本作では、主人公に精神疾患があることは明示されているが、見知らぬ男の死体を「見えない」とすることで主人公に利益が生じるとは思えない。これがアンフェアだと思う理由だ。


カエル顔の赤ちゃんを見る探偵


本作において、実質探偵役となる陰陽師の他に、もうひとり職業探偵の人物が出てくる。
その人物が唐突に「カエル顔の赤ちゃん」の幻想を見る。
後に、「カエル顔」の意味は判明するのだが、なぜ探偵があの部屋を見ただけで「カエル顔」を連想したのかは、謎のまま。
自分は、何か伏線やヒントを見落としたのかと思い何度も読み返したのだが、結局理由はよくわからず。
ミステリーにおいて超能力者がいることはOKだと思うのだが、オカルト的な「超能力」はアンフェアだ。能力に論理的な裏付けが欲しかった。


想像妊娠で腹が裂けるのか?


これがまた納得がいかなかったのだが、想像妊娠で腹が裂けるものなのだろうか?
腹が裂けたのも主人公の幻覚なのかと何度も読み返したが、どうやらそういうわけではないらしい。
物語の根幹に関わる謎なだけに、フシギですねーじゃ済まされない。


総評 ミステリー小説として:25点 怪奇小説として:85点


最初から怪奇小説として読めばきっと楽しめただろうと思うと、どうにも悔しい。
自分のようなミステリー狂信者はフェア・アンフェアに厳しいので、このような「ミステリーっぽいけど実はオカルト」小説に「ミステリー」という看板を提げてしまうとこのようなミスマッチによる悲劇が起きる。
他人に勧めるときは注意したい。


↓応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


【お知らせ】LINE絵文字作りました!

LINE絵文字「シンプル美味しい、今日の晩ごはん!」

LINE絵文字を作りました!
美味しそうなご飯の絵文字です。
こちらから買えます→「シンプル美味しい、今日の晩ごはん!」

今日の晩ごはん販促用_吹き出しのコピー2

↓使用例です
今日の晩ごはん販促用2

シンプルで使いやすいように作ってみました。
よろしくお願いします!

↓応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


「水車館の殺人」感想|捻りのない真っ直ぐなミステリー

「水車館の殺人」

作者:綾辻行人

ミステリー度:★★☆☆☆
驚きの展開度:★☆☆☆☆

分類:ミステリー小説
内容:探偵小説?



本当は館シリーズ第一作目の「十角館の殺人」から感想を書くべきなのだろうが、あまりにも有名すぎて書くべきことが見当たらなかったので、館シリーズ第二作目の「水車館の殺人」から書き始めることにした。


※ネタバレ注意※
この感想には「水車館の殺人」について、謎や犯人、驚きの展開などに関するクリティカルなネタバレが含まれます。
完全ネタバレ感想です。ご注意ください。












冒頭の数ページだけで簡単にわかってしまうトリック


もし館シリーズの中で最初に手に取ったのがこの「水車館の殺人」だったならば、この作者はダメだな…と投げてしまってもおかしくないレベル。
本を手にとって最初の数ページを読んだだけで入れ替わりのトリックであることは明白で、中盤まで特定できなかったのは、共犯が誰なのかということだけ。
最後の1ページまで、終始答え合せをさせられているような気分になること間違い無し。

説明するのも億劫だが、仮面の男、失踪した男、焼死体…と来た時点で、三人の入れ替わりを疑わない人間はいないだろう。
あまりにもあからさまなので、まさかこれで終わりじゃないよな?まだ何か驚きの展開があるんだろ?と変な期待をしながら読んだが、当然そんなことはなく終了。
「十角館の殺人」が面白かっただけに、かなり期待はずれだった。


間違った医学知識


それにしても、後天性の赤緑色盲って…灰色て…(これに関しては、さすがにあまりにもアレだったようで、後の改訂版ではマイルドな表現に訂正された模様…そりゃそうだ)


総評:35点


正直、赤点とまでは言わないけれど、トリックもありがちで捻りがなく、最後まで読んでも何の驚きもない。
また赤緑色盲に関する記述も、トリックの重要な部分を担っていただけに、ミステリー小説としては致命的。
せめて「外傷性の全色盲」という表現だったら気にならなかったのだが…。

水車館の殺人



↓応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



プロフィール

dreaming8photon

dreaming8photon
小説、映画、ゲーム好き。

中でも、人工知能の話、夢を主題にした話が大好物。

好きな作家は、筒井康隆、グレッグ・イーガン。
その他、作者にこだわることなく幅広く読んでいます。

最新記事

参加ランキング

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

広告

LINEスタンプ『妖怪 ブキミさん』発売中
LINEスタンプ『妖怪 ブキミさん』Bukimi-San